理想のカップル像・夫婦像で好感を持ってもらう為の書き方

最終更新日

理想のカップル像・夫婦像では、「専業主婦になりたい!」「共働でいたい!」等の直接的な表現の願望を書いてはいけません。
理想のカップル像・夫婦像とは言え、夫婦とはお互いに尊重し組み立てて共に歩んでいくものなのです。

それを、自身の願望ばかり述べてしまっては、お相手(読者)に引かれてしまいます…。

書き方として正しいのは、「二人で」「ともに」「一緒に」「お互いに」等の尊重し合う言葉を混ぜた、理想像を書くことがポイントです。

理想像の例
・将来は子供と一緒に手を繋いで休日にハイキングやお散歩に行けるような家庭を作りたいです。
・いつまでもお互いに笑顔でいられるような、そんな関係が理想です。
・どんな苦楽もともに手を握り合って越えていけるような夫婦が理想です。

このように独りよがりにならず、共に助け合っていく。または築いていく。といった姿勢をここでは言えると良いでしょう。

婚活パーティー一覧

kon