“三高”ならぬ、“三強”が自衛隊員の魅力

最終更新日

以下はプレジデントオンラインの記事です

 

さて、自衛隊員に的を絞った婚活にはどんなメリットがあるのか。会場でちょっと休憩中の女性陣を捕まえて聞いてみたところ、こんな答えが返ってきた。

「公務員だから不景気でも安定しているし、収入も結構いいから結婚相手としては文句なし」
「マッチョな人が好き。男らしいし、体力もありそう」
「訓練の一環として(?)家事能力が高いらしい」
「普通の婚活パーティは相手の身元が不確かなこともあるけど、自衛隊主催なら安心」
「男社会だから、遊んでいない真面目な人が多そう」
「海上自衛隊で船に乗る人は長期間家を空けることもあるから、夫婦生活がマンネリにならないような気がする」
「震災のときに、人の役に立つステキな仕事だなと思った」

女性にロックオンされた自衛官その1

まとめると、「不景気に強い」「結婚生活に強い」「身体が強い」。自衛隊員は、かつてもてはやされた“三高”ならぬ、現代の“三強”なのである。

話してみて感じたのは、女子たちはかなり本気の“結婚狙い”ということだ。

もちろん、最終的に結婚を目的にするのは当然なのだが、“まず恋人として”というよりは“結婚相手として”という視点が非常にはっきりしている人が多い。

男性が“制服かスーツ姿”で参加しているのも、実は“カッコよく見える”以外の理由がある。全員が制服で参加すると、制服で階級……つまりは、自衛隊妻になりたいような女子たちには、大体のお給料がわかってしまうからなのだ。そのため、人気が集中しないよう、階級が高い自衛隊員はスーツで参加しているのである。

プレジデントオンラインのライターが書いた記事ですが、自衛官の婚活の様子がよくわかる記事なので掲載しました。

この記事を読むとわかるように、【自衛隊ブライダル】には、本気で自衛官と結婚したい人が集まっていることがよくわかります。他の記事では自衛隊員限定結婚相手紹介サービス【自衛隊ブライダル】の詳細も書いてあるのでそちらも参考にしてくださいね。

kon