婚活での結婚の決め手は「信頼関係」

最終更新日

既婚者に結婚の決め手になったポイントを聞いてみた

出会った時から、自然に私の心の中に入ってきたような・・。

出会ったばかりなのに、長い知り合いで何か懐かしいような・・。

人見知りの私ですが、居心地のいい人だった。

結婚の決め手は・・1年付き合って、とても誠実な人だと確信したから。

他の女性の影もなく、喧嘩らしい喧嘩もなく、婚活パーティーで出会ってから自然な流れのままに結婚に向かいました。

 

結婚の決め手は私の話をちゃんと聞いてくれること。

前に付き合ってたカレに「(将来のこととか)きちんとした話し合いがしたい」と言ったところ「話し合いとか苦手で・・・」と言われカチーン!ときて、そこから大喧嘩に発展。別れました。

そんな経緯もあり、結婚相手には話し合いを面倒臭がる人は無理!と思いました。

実際に結婚してみて、やっぱりそこにこだわって正解だったと思います。

人生の選択肢で、夫婦の意見をまとめないといけないシーンって意外と多いので。

 

空気感かな。

具体的に言うと、穏やかな空気。そして、優しさですね。

あの頃も今も変わりません。

10代20代の頃、恋愛も何度も経験 しました。皆さん其々優しかったのですが、とにかくダントツに私の事を理解しようとしてくれた夫です。

感謝と尊敬の気持ちで、結婚18年になりました。

 

決め手は彼の性格の良さが、一緒にいることで人生にプラスになると思ったからです。

前向き、愚痴らない、くよくよしない、穏やか、人の役に立ちたい、という彼の性格や、人を無理に変えようとしないところなど。

一緒に暮らしていてストレスがないですし、独りのときより心穏やかに暮らせています。

正直結婚なんてしてもしなくてもいい派でしたので、結婚することで何か人生にとってプラスになるかどうかが重要だと思います。

 

ここでの結婚の決め手となったポイントは

・一緒にいて居心地のいい人

・誠実な人

・話を聞いてくれる

・話し合いができる

・優しさ

・人を変えようとしない性格

・要求してこない

 

まとめるとこのようになりました。

 

結婚の決め手は人それぞれのようですが、どれも相手のことを信頼できている様子が伺えます。

私は結婚において「信頼関係」こそが最も大切なことだと思っています。

そして誠実さや、優しさ、相手を理解しようとする気持ちがあってはじめ「信頼関係」が生まれるのです。

kon