Pairs(ペアーズ)の利用者層

最終更新日

Pairsの利用者層について、運営側から公式な発表がされたことはありません。

しかし、「20-30代の真剣にパートナーを探している男女」が登録しているとあり、全体的に若い方が多いのが特徴と考えられます。

また、「いわゆる結婚相談所や出会い系サイトに登録をしていないごく普通の男女」が多いとも書かれており、結婚は意識しているが、結婚相談所に登録するまでには至らない方が大勢いることが伺えます。

要約すると、フェイスブックを利用していて、実生活もある程度充実している、若い方が会員のメインであるといえるのでしょうか。

実際にPairsの口コミを見ると、「若くてかわいい子、イケメンと多くで会えた」といったものがたくさんあります。

楽しい仲間と出会いたい、しかし日常に出会いが少ないと感じる方が、大勢集まるコミュニティであるようです。

Pairs(ペアーズ)のおすすめポイント

なんといっても業界トップクラスの出会いの多さ

マッチングサイトにはさまざまなものがありますが、中でも「出会えた!」との評判がダントツに高いのがこのPairsなのです。

会員数の多さが、その理由のひとつとしてあげられるでしょう。

Pairsの会員数は、2017年1月で500万人を突破したといわれています。

会員の数が多ければ多いほど、出会いのチャンスも増えるわけですから、口コミの高い評価も信頼に足るものと考えられます。

また、実名制のフェイスブックと連動していることも、質のよい出会いが得られる理由のひとつであるように思われます。

ネット上で単独で取るアカウントとは違い、実生活に紐づいたアカウントでは、無責任なアプローチをすることはできません。

プロフィールの詐称も難しいでしょう。

公式発表によると、これまでにマッチングが成立したカップルは3,200万組にも及びます。

もちろん、それらがすべて実際の交際へ、また、結婚へと進展したとは限りませんが、それだけの数の出会いが生まれたことは確かです。

本当に出会えるマッチングサイトをお探しの方に、おすすめできるのがこのPairsです。

 

 

普通の人たち」に「普通の出会い」を提供する場

婚活サービスを利用する方の数は、年々右肩上がりに増えています。

現にリクルートの調査によると、既婚者のうち何らかの婚活サービスを利用した方の割合は、2013年の4.7%から、2015年には8.3%と、既婚者の一割に迫る数字になっているのです。

しかしなお、結婚相談所を利用することにためらいを感じる方はまだまだたくさんいらっしゃいます。

なんとなく気恥ずかしいし、出会いはやはり自然で普通がいい、とお考えの方も少なくないのではないでしょうか。

Pairsに集まる方の大半は、そんな「普通の人」ばかりです。

私生活はそれなりに充実している。

おしゃれも大好き、趣味もあって、友達もいる。でも恋につながる出会いがなくて、悩んでいるけど、結婚相談所はやっぱり敷居が高い。

Pairsは、そんな方たちのニーズをうまくとらえています。

活動は、実名制のフェイスブックと連動していて、SNSのような近況を知るサービスもある。

グループに参加することで、顔が見える付き合いをすることができる。

楽しい仲間を作りつつ、交際に発展する相手をじっくりと探せる。

サークルに参加するような手軽さで、出会いを求めることができます。

毎日とても楽しいけれど、ちょっと出会いが少ないと思う。

ペアーズは、そんな「普通の人」たちが、「普通に出会う」ことのできる場です。

しっかりした安全対策

マッチングサイトを利用していることが、リアルの友達にばれたらどうしよう。

フェイスブックと連動しているときいて、こんなことを心配される方もいらっしゃるでしょう。

しかし、ペアーズでの活動をフェイスブックで知られた例は、口コミなどを見る限りでは一件もありません。

登録時に設定することで、ペアーズでの情報がフェイスブックのタイムラインに流れることはなくなります。

サイト上に表示されるのはイニシャルのみ出会いたくないフェイスブックの知人も、あらかじめ整理してブロックすることができます。

運営による監視は365日24時間体制で行われています。

投稿されるメッセージにも、しっかりチェックが入りますので、不快な言葉を投げつけられることはまずないでしょう。

親しくなった方と、お互いにフェイスブックを公開できるのは、メッセージのやり取りが二回以上済んでからです。

個人情報を知らせる前に、ある程度人柄を判断する時間が与えられていることも、安心材料のひとつといえます。

フェイスブックにアクセスすることで、相手の方が日頃何を考えているか、何が好きなのか、じっくり見ることができます。

素顔に接することで、より親しみを感じることができそうですね。

 

kon